受験生は本気モード! 

皆さん、こんにちは。

いよいよ、学校の授業が本格化してきましたね。

今週の授業の初めに、

「先生、期末テストあるんだって、ガッカリ。」と口をそろえて中学生。

「7月の9日〜3日間、土曜日までだって。」

授業なんて、ほとんどやっていないのに、自習した成果を見るだけだね。

「教科書の問題でわかんないとこあったら、聞きに来るように。」って言われた。

 

2月の終わりに学年末試験が終わった瞬間、3月から学校休校。

課題があるからと、プリントをもらいに行って学年修了。

 

4月も始業式の日にクラス替えの発表、次の時に教科書もらって、2回登校。

5月は、連休明けから、週に1度位で、課題提出と受け取り。

6月は、前半が5月と同じ。2週間、分散登校で、午前・午後に別れて、授業?

今週から、全員そろっての授業が始まった。3週間後にテストの予告。

 

学年の始まりを、9月からにするなどと、メデイアが騒ぎ、結局ぽしゃり。犠牲者は子供達。中3の学習範囲から、受験の国語は、中3範囲が無くなるから良かった。と健気に言うが、その他の科目はどうなるのか。

 

ましてや、大学受験生の共通テストは、不安しか残らない。

「改革は、改悪である。」

翻弄される受験生に「黙して取り組め!」と励ましにならない励ましをしている。

 

さて、本題。勉強の方法について考えてみよう。

そこで、学生諸君に人気の高いアプリの一つ、Tiktok にも先輩学生の皆さんがいろいろと投稿しているので、こちらを参考にして、真似をすることをお勧めします。

二つ注意があります。

その1 探すのに夢中になって、他のアミューズメントに集中しない。

その2 見て終わりにして、実践しない。自分でやること。

「オタク」ではないのに、勉強方法のマニア、オタクで終わらないようにしよう。

 

 

最強の勉強の方法は、復習

それも、間違えた問題を、再度解きなおしてみたり、なぜ間違えたのかを分析してみたり、同じミスをしないようにメモリー化すること。

 

次に、教科書を読んだ方がいいけれど、教科書は5回読む。これが最低条件。  問題を解いているときに、「教科書の、あのページの右上に書いてあった」位になるといい。

最近の学校の先生は、大量のプリントを配ってくれるから、整理しないと大変だけど、このプリントはよくまとまっているし、先生の力作だから、当然試験にも。ここから問題が出されるので、油断することなく、試験勉強の時には、暗記するくらいに、穴埋めのところは勉強しなおそう!

授業と並行して宿題にもされるワークなんだけど、提出ということで、答えを写して、ギリギリ間に合わすなんてことをしても、テストの時には点が取れないよ。自分でやってみて解けない問題は、赤字で書いて提出してもいいし、スマホでシャメして、後で見直す位やる。

試験準備でやっても意味のないのは、きれいにノートにまとめること。ノートが出来上がった時には、試験も終わってしまった、ということの無いようにしたいですね。

 

今回のあなたの目標(ゴール)は、総合点で何点かな?

そのために、どの位勉強時間を確保する?

そして、どんな学習内容をやるか、具体的に数値化しておこう?

 

前の記事

ライブ授業 放送中